口内炎 舌  ビリビリ

口内炎や舌がピリピリする症状や治療について

スポンサーリンク

口の中がピリピリすることは時々あります。
舌が痛くてピリピリすると心配になります。
舌の痛みの出る病気には、細菌やウィルス感染による口内炎、口の中に潰瘍のできるベーチェット病なども考えられます。
すぐに治ってしまうものから長時間続くもの、また原因も様々です。
それほど心配の要らないケースが多いですが、中には要注意のものもあります。
舌は食べたり話したりするために欠かせない大切な気管です。
荒れたり、ピリピリしたりしても放置しがちですが、治りにくい口内炎の陰に、軽視できないがんが潜んでいることもあります。
口の中の唾液は粘膜を保護する働きがありますが、これが減ると口の中が傷つきやすくなり、ピリピリ痛むドライマウスの原因となります。
舌の代表的な病気が口内炎です。
できる原因は完全に解明されておらず予防法もありませんが、放置しても1〜2週間で治ることが多いです。
舌が白い場合は舌苔であることが多く、ピリピリ痛いのであれば舌痛症の可能性もあります。
スポンサーリンク

外見上異常がなく、血液検査や細菌検査などでも異常がないのに口の中がピリピリ痛んだり焼けつくような痛みが長時間続くものを口腔灼熱症候群と呼びます。
口内炎の治療は、基本的に歯科や耳鼻咽喉科、口腔外科で行います。
ビタミンBの不足が原因の口内炎を治療するときにはビタミン剤が用いられます。
主に内服薬として処方しますが、注射や点滴などを用いて投与する場合もあります。
他にはステロイドなど、抗炎症薬を含む軟膏を幹部に塗布する方法があります。
口腔用のデキサルチン軟膏が多いです。
民間療法もあります。
口内炎は炎症の一種なので、歯磨きやデンタルリンスで口をすすぐことで口の中を清潔にするとある程度症状の改善を見込めます。
例えば白血病治療など、骨髄移植によって免疫力が低下し、他に薬を沢山服用している場合などは、ステロイドを使わないでうがい薬のみで口腔内の経過を観察します。
口の中は雑菌が繁殖しやすく、ふとしたきっかけで感染症になる可能性もあるので、口の中の痛みを感じたら、早めに医療機関に受診することが大切です。
スポンサーリンク