亜鉛 不足 口内炎 原因

ビタミンや亜鉛が不足すると口内炎の原因になることも

スポンサーリンク

口内炎ができると何かを食べたり飲んだりする時や話す時に痛みを感じるので大きなストレスとなります。
口内炎は体調不良やストレス、ホルモンバランスの乱れなどが原因となることがありますが、口の中を噛んだ時の傷が原因となることもあります。
また、食生活の乱れが原因で口内炎ができることも多く、特にビタミンや亜鉛の不足が原因となることが多いです。
ビタミンB群は代謝に、ビタミンCは免疫力に深く関係している栄養素です。
そのため、これらの栄養素が不足すると免疫力が低下して病気にかかりやすくなったり、口内炎ができやすくなったりする原因になります。
亜鉛は体内でビタミンの働きのサポートやタンパク質の合成などの働きがある栄養素です。
そのため、亜鉛が不足するとビタミンの働きが低下しますし、タンパク質が合成されにくくなります。
その結果、皮膚や粘膜が弱くなるので細菌やウイルスが容易に体内に侵入するようになります。
そうなると体調不良を起こしやすくなりますし、傷口から細菌が入りやすくなるので口内炎ができやすくなります。
スポンサーリンク

口内炎ができるのを予防するためにはその原因を一つずつ解消していくことが大切です。
ビタミン不足や亜鉛不足が原因の場合はこれらの栄養素を多く含む食品を積極的に食べるようにすることが大切です。
ビタミンB群はウナギやレバー、納豆などの食品に多く含まれています。
ビタミンCはパプリカやパセリ、レモンなどの食品に多く含まれています。
また、ビタミンCを効率良く摂取するためには食後に摂取して吸収率を上げたり、野菜はなるべく茹でずに蒸して調理したりすることが大切です。
亜鉛は牡蠣やウナギ、レバーなどに多く含まれています。
亜鉛に限らずミネラル全般にいえることですが、摂取過剰や摂取不足が様々な病気の原因となることがあるので適当な量を摂取することが大切です。
亜鉛の1日の摂取量の目安は成人男性は12mg、成人女性は9mgとされています。
食事だけでは十分な量のビタミンや亜鉛を摂取できないという場合はサプリメントを利用するという方法もあります。
サプリメントを利用すれば簡単に1日の目安量を摂取することができます。
スポンサーリンク