口内炎 膨らむ 原因

膨らむ口内炎ができる原因とは

スポンサーリンク

朝起きたら口の中に違和感がある、お昼頃になり、気づいたら食事をするのも痛いほどの口内炎ができていた、なんて経験はありませんか。
膨らむと痛くて、治るまで憂鬱になってしまいますよね。
口内炎とは、歯ぐきや舌にできる炎症反応です。
特徴は触れると痛みがあることです。
痛みで食事を取るのが辛くなり、栄養を取らなくなると更に症状が悪化してしまう可能性があるので注意しましょう。
では、口内炎ができる原因はなんでしょうか。
主な原因をご紹介します。
まず第一に、ビタミン不足や体が疲れていることなどが挙げられます。
外から入ってきた細菌から体を守ろうとして、口内が過剰反応をおこし、その結果口内炎ができてしまうのです。
口内炎には膨らむものとへこむものの2種類があります。
白い斑点ができ、そこが膨らんでいるかへこんでいるかの違いに分けられます。
その状況によって対処法が異なるので、しっかりと患部を観察して治療することが大事です。
スポンサーリンク

一般的にできる口内炎は、ストレスや疲れが原因のアフタ性口内炎です。
こちらは痛みがありますが膨らむことは少なく、おおむね1週間から2週間程度で治ることがほとんどのようです。
ステロイド剤入りの軟膏などを使用すると、より早く治すことができます。
問題は、水が溜まっているように膨らむタイプです。
患部が膨らむ場合は、水ぼうそうの可能性があります。
原因は口内の傷口などから感染し、出来物になるケースが多いようです。
特徴は患部が膨らむことと、地図のようにじわじわと広がっていくことです。
次第に患部が潰れると、平らになります。
この場合は周囲に移してしまう危険性もあるので、自己判断で済まさずに、できるだけ医療機関を受診するようにしましょう。
出来てしまった口内炎は、塗り薬を使用するほかに、ビタミンB2を中心としたビタミン剤を飲むことで状態が快方へ向かっていくそうです。
また、根本的な原因を解決するには、口の中の細菌の繁殖を抑えることが一番です。
殺菌成分入りのうがい薬などを使い、口内を常に清潔に保つように心がけましょう。
原因をきちんと理解し、出来物と無縁の生活を送りたいですね。
スポンサーリンク