口内炎 痛い 理由

口内炎が痛い理由とは

スポンサーリンク

口内炎は、多くの人が経験のある一般的な口内の病気といえます。
口内炎と一口にいっても、いろいろな種類があり、原因も異なります。
一般的な種類はアフタ性口内炎といって、誤って口の中を噛んでしまったり、口の中の免疫機能が落ちる、栄養不足、胃の不調などによって起こります。
ストレスなども関係しているといわれています。
その他、口内の粘膜が一部腫れあがる、カタル性口内炎や、アレルギー性、ウイルス性のものなどがあります。
口内炎は痛いと感じる症状になることがほとんどですが、その理由は患部が炎症や潰瘍ができているからです。
痛いと感じるのは、初期の段階では刺激物やすっぱいものがしみることから始まりますが、日が経つにつれて痛いのが増してくることもあります。
口の中の免疫機能が落ちていることも相まって、なかなか患部が治らず、ひどい場合には複数の炎症がつながって大きくなり、痛いのが増してしまうこともあります。
患部の炎症や潰瘍を早く治癒させる対応が必要です。
スポンサーリンク

痛い口内炎がなかなか治らない理由はさまざまです。
例えば、歯磨きの時に力を入れすぎたり、硬い食べ物や刺激物のあるものを食べたりして、粘膜をさらに傷つけていることも理由の一つです。
また、口の中の免疫機能が低下していることによって、雑菌が繁殖してしまい、さらに口の中が乾燥していると唾液が少なくなり細菌が増えやすい環境になっています。
それも患部が治りにくい理由となります。
その場合は、殺菌作用のあるうがい薬やマウスウォッシュを利用したり、ガムや飴を食べて唾液の分泌を促すことも改善方法となります。
また、体が疲労やストレス、睡眠不足などで体力が弱まっている状態は、免疫機能を低下させる理由となります。
その場合は、生活習慣を見直し、栄養バランスの取れた食事を行うよう気をつける必要があります。
女性の場合は、生理や妊娠などにより、ホルモンバランスの乱れが、なかなか治らない理由となることもあります。
痛い口内炎が早く治るよう、また口内炎を繰り返さない免疫力のある体を作るためにも、日ごろから体調管理を行うことが大切です。
スポンサーリンク