ヘルペス 口内炎 うつる

ヘルペスや口内炎はうつるのか

スポンサーリンク

口内炎が発生すると言うことがありますが、これが口の中に発生してしまうと、痛みを感じるようになっているので、非常につらいです。
食事をするときに痛みを感じることもありますが、会話をするときにも痛みを感じることがあります。
したがって日常生活に支障を来してしまうと言うこともあります。
口内炎の中でもヘルペス性口内炎というものがあります。
ヘルペス性口内炎の代表的なものとなっているのが、口唇ヘルペスとなります。
口唇ヘルペスに関しては、その症状や治療方法や予防法をしっかりと頭に入れておくことが大切になります。
口唇ヘルペスは、口内炎の一つとなっていますが、原因としてはいくつかのことが考えられています。
原因は、ヘルペスウイルスによる感染症ということになります。
このウイルスに一度感染してしまうと、ウイルスが身体の中から消えると言うことはありません。
体の細胞の中に一生潜伏すると考えられているので、非常に厄介です。
スポンサーリンク

またこの口内炎のウイルスに関しては、うつると考えられています。
免疫力が弱い3歳くらいまでの間に、大人が感染させてうつるという可能性が非常に高いと考えられています。
なぜウイルスがうつるのかというと、それは子供に食事を与えるときに、ウイルスを持っている家族の人が同じ食器を使ってしまうからです。
このように同じ食器を使うことで、感染させてしまう可能性があります。
したがって子供が口唇ヘルペスにうつることがないように、次のようなことに注意が必要となります。
うつるのを防ぐためには、箸やスプーンや同じ食器を使わないようにします。
また口の中に入れたものを与えたり、熱いものを冷ますときに息を吹きかけないようにします。
これらをしっかりと気をつけることで、口唇ヘルペスの予防につながります。
ウイルスにうつるというのを防ぐだけではなく、虫歯予防にもつながるので非常に大切なこととなっています。
このほかに大人同士でも感染することがあるので注意をします。
スポンサーリンク