舌の裏 口内炎 たくさん

舌の裏の口内炎の原因や対策とたくさんできたときの対策について

スポンサーリンク

口内炎にはたくさんの原因が考えられます。
精神的なストレスや、ビタミンBの不足などの食生活の偏りが原因となることもあります。
舌の裏に口内炎ができる原因は3つ考えられます。
口の粘膜が弱っていることと、舌が傷ついていることと、口の中の細菌が増加していることです。
熱いものを食べて舌をやけどしたり、歯ブラシで舌に打撃を与えたりしたら、舌に傷をつけてしまい、その傷から細菌が侵入し、炎症を引き起こす原因になります。
物を食べた後に歯を磨かなかったり、口呼吸をしたりして、口の中を不潔で乾燥した状態にすると細菌が繁殖しやすくなり、口内炎を引き起こす原因になります。
症状や原因は、唇の裏側や歯茎にできる場合と同じですが、舌の裏の口内炎は痛みが辛いのが特徴です。
舌の裏の口内炎は、他の部分にできた場合とは異なり、話をしたり、唾を飲み込んだりするだけでも痛みを感じます。
舌の裏の口内炎を治す方法は、早めに治療を行うことです。
スポンサーリンク

骨髄移植後などでステロイドが使えない場合があるので、市販されている口腔湿潤ジェルを舌の裏や口の中全体に塗ります。
ジェルは医師に相談すれば必要に応じて教えてもらえます。
それでも舌の裏の痛みはすぐには取れないので、根気よく塗り続けることが大切です。
ステロイドの入っていない保湿目的のジェルは、使用回数や量が制限されておらず、一度にたくさん使用しても大丈夫です。
口内炎はよくある病気の1つです。
しかし、急にたくさん出てしまうと大きな病気の可能性もあるので注意が必要です。
すぐに病院へ行く必要があります。
治療期間は長くかかっても2週間ほどです。
歯科医院ではたくさんできた口内炎の塗り薬、うがい薬、消炎鎮痛薬などが処方されます。
また、白血病の治療などでは、抗がん剤の影響で、一時的に免疫力が低下します。
口の中でたくさんの炎症を起こします。
内服薬がたくさんあるために、ステロイドが使えないので、うがい薬を処方してもらい、地道に痛みに向き合っていくことになります。
しかし、時間の経過とともに良くなるので、医師の指示に従って治療を進めていくことが大切です。
スポンサーリンク