口 ヘルペス 口内炎 違い

口ヘルペスと口内炎の違い

スポンサーリンク

口内炎と口ヘルペスの違いとは何か説明していきます。
口内炎は主に唇から口の中にできるものです。
原因とすると、主には口内に傷をつけてしまってできる場合が多いですが、他にも原因があります。
ストレスや過労食生活の偏りビタミンB、Cの不足口内が不衛生このようにいくつか原因があります。
対処方法とすると、自然治癒が一般的ですが、少しでも早く治したければ病院で薬を処方してもらのがいいです。
もしくは市販の薬でもいいと思います。
ただ注意しなければならないのは妊婦さんです。
妊婦さんは基本的に薬が使えないので勝手な判断で使用するのはよくないです。
ただ必ずしも薬が使えないわけではないので産婦人科に聞いてからの使用をお勧めします。
以上のように口内炎は日常の生活の中でよく起こりうるものです。
バランスのいい食事を心掛けて、歯磨き等で口内を清潔に保っていれば防ぐことができます。
ですので口内炎を作らない努力をしていれば恐くはないです。
スポンサーリンク

次はヘルペスです。
ヘルペスは口内炎とは違います。
口内炎は唇から口内にかけてできるのに対し、ヘルペスは主に口の外にできます。
唇の周りのいろいろな場所に発症します。
そして厄介なのが、ウイルス性であることです。
発症しそうになるとその周りがムズムズし始め気づくと水ぶくれができます。
すごい気になるので触って潰してしまうことがありますが、これはやってはいけません。
なぜならその水ぶくれの中にたくさんのウイルス性の細菌が入っているからです。
当然感染性があるので他の部分にも移ることがあります。
気をつけなければいけません。
ヘルペスの対処方法としては、抗生剤の入った薬が必要です。
ですので病院で正しい薬を処方してもらうことです。
口内炎とは違い口外にできるので早く直したい場合はこれが最適です。
ただ市販のヘルペス用の薬もあるのでそちらを購入することもできます。
このようなに口内炎とヘルペスには似ているようで違いがあります。
この違いを理解していれば特別に気にする病気ではないので大丈夫です。
薬の買い間違いにはきをつけましょう。
スポンサーリンク