口内炎 原因 性病

性病が原因でできる口内炎の症状

スポンサーリンク

口内炎ができると非常に痛くて辛いです。
特に、食べ物を食べるときは間違って噛んでしまったりすることもあります。
このようなことから口内炎はできるだけ作らないようにすることが重要なのですが、食生活や生活習慣の乱れが原因でなることもあります。
また、性病が原因で口内炎ができる場合もあるのです。
今回は、性病が原因の場合について説明していきます。
性病の場合は基本的に口腔と性器の接触から出ることが多いです。
ですので、口と性器の接触がある行為をしたあとにできた口内炎には注意が必要になります。
特に性病が原因である場合は口内炎が重篤化する場合が多いです。
最初は水ぶくれのようになり、ただれているのですが、だんだんと熱を帯びてきたり、体がだるくなったりといった全身症状も引き起こす可能性がでてきます。
このような症状がでたら性病の可能性が非常に高いので早めに病院を受診するようにしましょう。
また、エイズなどの場合も10パーセントの確率で初期症状に口内炎ができる場合があるといわれています。
スポンサーリンク

ですが、口内炎が原因の性病は多くが、淋病やクラミジア、梅毒などといった場合が多いです。
ですので、早めに病院を受診するようにしましょう。
また、セルフケアでチェックできる検査キットなども売っているので、病院に行くのに気が引けてしまう方はそのようなものを使用して原因を突き止めるのも良いのではないかと考えられます。
性病による口内炎を放置してしまうと喉にまで感染を及ぼしてしまう可能性があると考えられます。
のどにまで感染がいってしまうと治すまでに非常に長い時間が必要になってしまいます。
また、時間のみならず、声が出にくくなったり、食べ物が食べれなくなったりと日常生活にかなりの支障ができるので注意が必要です。
また、思い当たるふしがなくても器具などから感染する場合もあります。
ですので、安易に自身で判断するのではなく、症状が長引いていておかしいと感じた場合は病院にいくことが重要です。
また、そのような行為をする際はあらかじめ自身で防ぐ工夫も重要です。
スポンサーリンク