舌 口内炎 うつる

舌に出来る口内炎はうつる場合もあります

スポンサーリンク

舌に出来る口内炎に限らずうつる可能性はあります。
しかし大人同士の場合にはまず舌の口内炎がうつるということは考えにくいということになります。
心配になってくるのは大人から子供への感染というケースです。
一般的に舌に出来る口内炎はカンジタ菌やヘルペスウィルスによるものが多く常日頃口の中に存在している状態菌といえる存在であるため気にするほどのことはないといえます。
しかしもともと持病を持っていて免疫力が弱い子供などに感染してしまうとうつる場合が出てしまうということになります。
そうならないためには子供に頬擦りしたり直接自分の食器で食べ物を与えたりしないように気をつけていく必要があります。
唾液を介した感染ということが一番可能性としては大きいということになります。
しかし一般的にはそれほど気にするほどではないといえます。
とはいっても免疫力の低い子供にはうつりやすいということを認識しておくことは必要になってきます。
スポンサーリンク

舌に口内炎ができたからといって急に対処をする必要はないといえます。
うつる心配もありますが、たとえうつったとしても数週間で完全に治ってしまうということがあります。
舌の口内炎は痛みが続いてしまうこともあるので出来ればうつらないにこしたことはないですがうつることがあっても一般的には問題なく経過観察で問題ないといえます。
しかし長期間に渡って舌に出来た口内炎が治らないという場合には他の病気の可能性も出てくるので病院などで診てもらうことも必要になってきます。
口内炎はうつるかうつらないかということになればうつるということになります。
しかしあまりに神経質になる必要はないといえます。
ただし長期間に渡って症状が続いてしまう場合には他の病気である可能性も出てくるので病院でしっかり診断をしてもらうことが必要になってきます。
いずれにしてもうつる可能性があるのは子供ということになるので大人が十分に注意をすることで回避できます。
スポンサーリンク