口内炎 白い 潰す 治療

白い口内炎を潰すのは治療方法としてありなのか

スポンサーリンク

口内炎が出来てしまうと、治るまでの間は食事や会話に集中できなくて億劫なものです。
一般的には一度できてもすぐに治ってしまうのでそれほど問題ではありませんが、中には頻繁にできてしまう人もいて、そうなってくると生活に支障をきたすレベルと言えます。
誰しもがなった経験があるものですが、その中で白い口内炎が出来てしまったという経験を持っている人もいるでしょう。
白い口内炎にはいくつか種類があるのですが、殆どの場合白い口内炎はアフタ性と呼ばれる種類のものを指しています。
中央が白い色をしていて周囲が赤く、中央がへこんだクレーターのような姿をしているのが特徴です。
この白い部分は偽膜と呼ばれるもので、口内炎の潰瘍を塞いでいるたんぱく質の膜です。
できてしまう原因としてはまず口の中の傷が元で、そこに細菌などが感染してしまうケースが考えられます。
また、ストレスや体調不良などが原因になることも多いです。
治療方法としては、特に何かしなければいけないわけではなく、放置していれば自然治癒力で1〜2週間もすれば治ってしまいます。
スポンサーリンク

アフタ性口内炎は特別な治療は必要ありませんが、早く治したいからといって陥没した白い部分を潰す人もいますが、これは逆効果になるのでやめましょう。
そもそも細菌などが感染して口内炎になっているのですから、それを無理に潰すとさらなる細菌の感染を呼び込んでしまって、潰す前よりも炎症が悪化することが考えられます。
さらに症状によっては、潰すことで口の中にウイルスが広がってしまって口の中のあちこちで炎症を起こしてしまうケースも考えられます。
以上の事から自分で無理に潰すのは危険なので厳禁です。
ただどうしても気になって邪魔だというなら、病院で治療を受けるのも一つの手です。
潰すわけではなく、レーザーなどで患部を焼いて殺菌します。
原因となっている細菌などを効果的に死滅させるので、治りが早くなります。
自分で出来る治療方法としては市販の塗り薬を用いるのもいいですが、口の中を清潔に保つのが最も簡単な治療方法と言えます。
治療と言えるほどの事ではないと思われるかもしれませんが、口の中の傷が元であれ、体調不良が元であれ、いずれにせよ口の中の環境が悪化することが口内炎の原因です。
ですから口の中を清潔にして口の中の環境を整えることは、予防という観点からも、またこれ以上症状を悪化させないためにも有効な治療方法と言えるのです。
スポンサーリンク