唇 ピンク 病気 原因

唇の色がピンク色、病気と原因

スポンサーリンク

唇の色が変化するには幾つも原因があります。
ひとつは病の問題、もうひとつは血行不良により変化する、更にもうひとつ上げるならば、乾燥により皮がめくれきって赤く腫れてしまうケースなど、変化の原因はひとつではないのです。
基本的には唇の色は少し濃いピンク色が基本的です。
少し濃いピンク色をしているならば、それは健康的であり、血行も良いという証拠でもあります。
血行不良であると色はピンク色でなくなります。
また、先に上げたように乾燥して皮がめくれきっても色は変化しますから、病気と直結させるのは少し早いように判断します。
病の情報は散乱しており、中には定かではない情報もあります。
基本的には濃いピンク色、それ以外の色ならば、消去法により、不安因子を除去していく事をお勧め致します。
色の変化には赤や紫が多いのですが、紫は酸素が足りない、呼吸が浅い、赤ならば皮が剥けて、あかぎれの様な状態になっているなど、可能性の高い、有り得る可能性の高い症状から見ていくと、不安は外れやすくなります。
スポンサーリンク

唇の色がピンク色でない場合には、病の可能性は否定出来ないのです。
先に上げた通り、仮に色が紫ならば、酸素の不足や呼吸器系に何らかの要因があると推測は可能と言えます。
唇がピンク色以外の色ならば、病院にて医師の指導の下で検査をした方が、早期発見、早期治療へと向かう事が可能となります。
唇の色は濃いピンク色か、もうひとつ上げるなら肌色に近い桃色が基本的であります。
紫、オレンジ、その他の色は通常な色ではないのです。
ですから、一日二日程度の色の変化ではなく、長期に渡って色の変化が目立ち続けるならば、病気の可能性は低くはないのです。
原因は様々であり、色によって病気の症状、病名は異なります。
しかし、言いきれる内容としては、血行が良くない場合には、唇の色は変わります。
極端な話では、意図的に唇を氷で長時間冷やしても色は変化しますから、一概には基本的な色とは異なるから、病気だという判断も早い様な気もします。
乾燥して皮がめくれても、色は変わる場合はあります。
スポンサーリンク