口内炎 血豆 治し方

口内炎と口の中にできた血豆の治し方

スポンサーリンク

口内炎が出来てしまう原因には様々な物が考えられますが、多くは口の中の傷が元で発症する場合と、体調不良などが原因で発症する場合が殆どです。
いずれにせよ何らかの形で口腔内の環境が悪化して、そこに細菌やウイルスなどが感染することで口内炎になるので、口内炎予防のためには口腔内を清潔に保つのが一番の方法です。
では口内炎が出来てしまった場合は、どういう治し方をすればいいのでしょうか。
まず大事なのは、予防と同様に口の中を清潔にします。
口内炎があると痛みで歯磨きなどが難しくなるかもしれませんが、なるべく患部を刺激しないように注意しながらちゃんと歯磨きをしましょう。
それにうがいを頻繁にするのも大切です。
また口の中が乾燥すると細菌の活動が活発になるので、水分を多めにとるようにするのも効果的です。
また体調面の不調が原因となっている場合には、体調を整えるのが根本的な治し方となります。
ストレスがあるならストレスの発散をする、栄養が偏っているなら食事の内容を見直す、といった治し方をする事で速やかに口内炎を治すことが出来るでしょう。
スポンサーリンク

口の中に違和感があって口内炎かと思って鏡を見たら、赤黒い血豆のようなものが出来ていた、そんな経験がある人もいるのではないでしょうか。
これは内出血によってできるもので、まさに血豆です。
この血豆は唇や頬の内側などにできやすく、食事や会話中に口の中を噛んでしまって内出血を起こして血豆になってしまうケースが最も多いです。
傷が元になっている血豆の治し方は、特別なことはしないで放置していれば自然と治ります。
もし気になって自分で血豆をつぶしてしまうと、そこから細菌などが侵入して感染し、口内炎になってしまう場合もあります。
ただ意図しなくても潰れてしまう場合があるので、常に口の中を清潔に保って、余計な感染を起こさないようにしておくのがいいでしょう。
治し方として特別なにもしなくてもいいのですが、効果的な治し方としては、まず初期の段階では冷やしておくのがいいです。
これは血豆は皮下の内出血によって発生しているためで、冷やすことで内出血を抑えて血豆の広がりを抑えます。
その後痛みなどが引いたら温めるようにすると血行が良くなって患部の治癒力が高まって治りが早くなる効果が期待できます。
スポンサーリンク