口内炎 歯茎 付け根 治療

口内炎は口の中であればどこでもでき歯茎の付け根は治療も必要です

スポンサーリンク

口内炎は口の中であればどこでもできる症状です。
もちろん歯茎の付け根などにも出来てしまうことがあります。
場所によっては痛みを伴う場合もあります。
口内炎になってしまう最大の原因は、ばい菌が入ってしまうことです。
そのことによって炎症が発生することになります。
白く浮き出るようなタイプの場合には口内炎の周辺が盛り上がってしまうために再度噛むなどで傷つけてしまい症状を大きくしてしまうこともあります。
一般的には口の中を綺麗に保つことで1週間から2週間ほどで症状は回復に向かいます。
しかし場所によっては自然に治癒を待つのがつらいところもあります。
特に歯茎の付け根などの場所に出来てしまった場合には歯科医に相談をして適切な治療の方針を決めて治療することが回復の早道になってきます。
基本的に口内炎は内臓の不調が表に出てきたサインでもあるので重要です。
しっかりした食生活をこころがけて口の中を清潔に保つことで予防が出来るということです。
口内炎になった場合には薬で治すことが早道です。
スポンサーリンク

口内炎は睡眠不足など生活のリズムがおかしくなったときに発生しやすいといえます。
自然に放置しておいても回復に向かうものですが、場所によっては非常に不快で痛みも伴うこともあります。
先程からいっているように歯茎の付け根などに出来てしまった場合には非常に痛みが強く気になります。
早めに歯科医に相談をして適切な治療を行ってもらうことが大切になります。
歯茎の付け根気などは気になってしまうために手で触ってしまうこともあります。
しかしそういうことをすると余計に歯茎の付け根が不潔になって症状が強くなったり治りが遅くなってしまったりすることもあります。
治療としては出来るだけ触らないということが大切になってきます。
その上で刺激のある食品は摂らないことも大切です。
当然非常にしみて痛みがでて炎症が強くなる恐れがあります。
口内炎は場所を選ばず発生するために歯茎の付け根や唇の裏といった場所によっては非常に気になるところに出来る場合があります。
治療としては歯科医院に行って治療のための塗り薬をもらってこまめに塗ることです。
そして口の中を清潔に保つこと大切です。
スポンサーリンク