口内炎 治し方 即効 舌

口内炎は舌にも出来ますが即効性のある治し方はありますか

スポンサーリンク

口内炎とは口の中や舌の粘膜に起きる炎症全般のことです。
歯茎に出来れば歯肉炎、舌に出来れば舌炎、唇に出来れば口唇炎、口角に出来れば口角炎と呼ばれますが、どれも口内炎の一種です。
通常、健康な人間の場合には外界から侵入して来る細菌やウイルスを退治する抵抗力があります。
ところが体調が悪くて抵抗力が落ちていると、菌を排除出来ずに口内炎になってしまうのです。
体調不良の原因としては疲労・ストレス・暴飲暴食・睡眠不足・栄養不足などが挙げられます。
口内炎はほんの小さなものでも、飲食をしたり話したりするだけで痛みを感じたり沁みたりします。
しかし抵抗力が落ちたままでは口腔内の細菌は傷口を攻撃し続け、被害はどんどん拡大して行きます。
では、口内炎にはどのような治し方があるのでしょうか。
まず1つ目は口腔内を洗浄して清潔に保つことです。
アルコールや合成界面活性剤が含まれていない洗口液やうがい薬を用いると良いでしょう。
一日数回洗浄するだけで口内炎の悪化を防ぎ、数日で治癒させる即効性があります。
ただし、アルコールが含まれているものは刺激が強すぎるため、良い効果をもたらす菌までも殺してしまい、口の中の免疫力を低下させてしまうので注意が必要です。
スポンサーリンク

2つ目の治し方は傷口に直接抗炎症薬を塗る方法です。
これはかなりの即効性が期待出来ます。
例えば舌に出来た場合などは、薬をしっかり塗った上からガーゼを貼ると効き目が強くなります。
舌はどうしても口腔内で動いてしまうため、薬を塗ってもすぐに取れてしまいます。
これを防ぐために舌の上にガーゼを貼るのです。
3つ目の治し方はストレスや疲労の軽減です。
心身の疲れは口内の抵抗力を維持する唾液の分泌を減少させて乾燥させてしまうため、ますます菌の温床となり悪化するのです。
ですから大元の原因を解消するために、リラックス出来る環境を作ったり十分な休息をとることが大切です。
4つ目の治し方は即効性は期待出来ませんが、長期的に見て健康に役立つ方法です。
果物や緑黄色野菜、お酢、麦茶、緑茶に含まれるビタミンを摂取しましょう。
5つ目の治し方はクエン酸を摂取することです。
レモンを代表とする柑橘類や梅干しなどは口内炎に対して即効性があります。
6つ目の治し方は抜群の即効性が期待出来る塩を塗ることです。
その他、長時間患部をコーティングする蜂蜜を塗る方法にも即効性がありますし、殺菌や炎症を抑えるココアパウダーを塗る治し方などもあります。
スポンサーリンク