舌の先 口内炎 治療

舌の先にできる口内炎の治療法について

スポンサーリンク

口内炎が口にできるとおいしく食事をとることもできません。
口の中の頬や唇にできることもありますが、舌の先にできることもあります。
この時が一番問題で、飲み物や食べ物を飲む時にかならず舌を通っていくのでそのたびに口内炎がしみて痛みを感じます。
口内炎の治療法としては基本的には自然に治ることをまつことになりますが、まずできた原因を対策する必要があります。
できる原因は様々で、食生活が荒れている人は栄養のある食事を定期的にとることそして仕事などで忙しくストレスがたまっている人は十分な睡眠をとって適度に運動をして汗とともにストレス発散することが必要です。
舌の先はできるだけ早く治らないと食事をする時にも痛いので市販の塗り薬による治療がお勧めです。
寝る前に薬を塗っておけば翌朝には症状は改善されています。
これは舌の先に限らず口の中の口内炎すべてに有効な治療法です。
また歯を磨く時には歯だけでなく合わせて舌の先を磨くことも有効です。
スポンサーリンク

舌の先は何かと敏感な部位です。
熱さや冷たさを感じることも味を感じることも舌の先です。
そのため病気になった時には早期治療が必要です。
できものができた時に口内炎であれば良いのですが、舌癌によるできものの可能性もあります。
通常の口内炎であれば1週間程度で治りますが、塗り薬を塗っていて2週間たっても治らない場合には病院で診てもらう必要があります。
放っておくと病気が進行して手遅れになりかねません。
口内炎であれば舌の先に穴が開いて白い膿ができます。
膿は必ずしもこまめに取り除く必要はなく、膿により患部がコーティングされるので痛みを感じることが和らげることができます。
2週間経過しても治らない口内炎に対してはレーザーでやく治療法もあります。
この治療法をとることは基本的にはほとんどありませんが、いつまでたっても治らず痛みが続くようであれば後遺症を残さないためにも病院で診てもらって医師と治療法について相談することをお勧めします。
スポンサーリンク