子供 口内炎 ビタミン

子供の口内炎はビタミンB群の不足が原因

スポンサーリンク

口内炎を発症する子供が増加しています。
口内炎の発症原因は、口腔内の傷から発症するケース、歯磨き粉に含まれる成分から発症するケース、栄養不足から発症するケースがあります。
この内、栄養不足が原因で子供が口内炎になるケースが増えており、日頃の食生活を見直すことが重要だと指摘されています。
頻繁に発症する、複数の口内炎が発症している、なかなか治らない子供がいらっしゃるご家庭は、食事からビタミンB群が十分に摂れていない恐れがあります。
ビタミンB群が含まれた食事を摂るよう、今日から食生活を見直しましょう。
ビタミンB群の中でも口内炎に関係するのが、皮膚や粘膜のビタミンと呼ばれるビタミンB2です。
脂質をエネルギーに変換し皮膚や粘膜の成長を促す作用を持っており、子供にとって非常に重要な栄養素です。
しかし、精製品や加工品には多く含まれていないほか、ストレスや疲労により大量に消費されます。
また、体内に蓄積できない栄養素であるため、毎日十分に摂る必要があります。
スポンサーリンク

子供にとって重要なビタミンB2は、うなぎ、レバー、納豆、卵、牛乳に多く含まれています。
各食材にアレルギーがなければ、毎日十分に摂りたい食材です。
ただし、ビタミンB群はどれか1つだけを摂ればいいというわけではありません。
B1やB6も同時に摂ることで、B2の働きはより効果を発揮します。
B1は胚芽米や玄米、豚肉、タラコに多く含まれているほか、B6はマグロ、サンマ、牛レバ−、バナナに多く含まれています。
これらの食材も毎日食べることで、子供が口内炎になるリスクを大きく軽減できます。
また、マグロやサンマに含まれるDHAやEPAは、記憶力を高める効果もあります。
日本人の子供の学力が高いのは、青魚を食べる習慣があるためと言われています。
口内炎の予防改善だけではなく、学力向上も期待できるのは非常に嬉しいポイントです。
食事の他に、十分な睡眠を取ること、口腔内を清潔に保つこと、口腔粘膜を傷つけないことも口内炎の予防改善には効果的です。
スポンサーリンク