幼児 口内炎 食べ物

幼児の口内炎の原因と治るまでの食べ物

スポンサーリンク

幼児の口内炎には、大人のそれ以上に原因が多く考えられます。
免疫力と関り口内炎を発症したり、流行病で罹患することもある為、特に外遊びや集団生活を始めたら、幼児の様子を少し気にかけてあげ、衛生的で規則正しい生活を整えてあげたいものです。
幼児の口内炎を大きく3つに分けると、乳歯の成長や歯並び、転倒等の外的な刺激で傷ができ、それが口内炎になってしまうケース、及びウィルス感染により発症するケース、カビの一種が口腔内で繁殖し発症するケースがあります。
乳歯の生える途中は、むずがゆく感じられる為、舌で構ってしまいがちです。
それで舌に傷ができ、口内炎になることがあります。
舌にできた場合、話しづらく、唾液が溜ったり、と不快さを感じやすくなります。
乳歯を舌で構う様子が見られたら、他の楽しいことへ気を向けさせる、或いは、乳歯がきれいに生える為に舌で構わない方が良い等とポジティブな気分になれる説明で、その癖を止めるよう幼児を誘導したいものです。
スポンサーリンク

幼児の口内炎が治るまでの、望ましい食べ物は、口内炎治療中の成人の食事と、さほど変わりません。
基本的に患部を刺激しないよう、極端に熱い、冷たい食べ物は避けます。
固い食べ物も患部に当たると痛いだけでなく悪化させますので、控えます。
塩分と酸味は勿論強い刺激になりますが、強い甘みも痛みに繋がりますので、薄味を心がけます。
ビタミンCとA、消化吸収のよいたんぱく質を積極的に摂取し、油脂と糖質を取り過ぎないようコントロールします。
幼児の食べ物は、平素からそれらの条件を満たすことが多いので、成人のような「何となく物足りない食事」で我慢するような不満は、少なくて済みます。
おやつに市販の袋菓子などを食べる習慣がある場合は、これをきっかけとし、食べ物について幼児と一緒に考えることをお勧めします。
おやつを手作りすると、含まれる素材への意識が高まり、食べ物が自分の健康を支えるのだと、視覚的に理解するようになり、生活と健康全般へ良い影響が生まれます。
スポンサーリンク