口内炎 治らない 白

白いアフタ性口内炎が治らない悩みを解消しよう

スポンサーリンク

口内炎の重症化症状が白い色をしたアフタ性口内炎です。
口腔粘膜にできる5〜6mm以下の潰瘍で、色が白いまたは黄色みがかった白、縁に赤みがあるのが特徴です。
また、形は円形か楕円形、中央がくぼんでいるのもアフタ性口内炎ならではの特徴です。
口腔粘膜であればどこにでも発症する恐れがあり、唇の裏、頬の内側、舌、歯茎などあらゆる場所に現れます。
2つ以上の口内炎がくっつき、6mm以上になるケースもあります。
強い痛みを伴うため食事や会話に支障を来すほか、高熱を発する場合もあります。
白いアフタ性口内炎が発症する原因は、はっきりとは分かっていません。
ただし、口の中を噛んでしまい、傷口が炎症を起こすことで発症するケースが多く見られます。
また、体の不調を訴えるサインでもあり、ストレスや疲労、免疫力低下、ビタミン群の不足時に口腔内が不衛生だと発症する可能性が高まります。
白いアフタ性口内炎を予防するためにも、早期に完治するためにも、生活習慣を見直すことが重要です。
スポンサーリンク

白いアフタ性口内炎がなかなか治らない場合には、何かしらの生活習慣が適切ではない恐れがあります。
通常アフタ性口内炎は1〜2週間で自然に治癒しますが、適切ではない生活習慣により2週間経っても治らない場合もあります。
なかなか治らないと悩まれている方は、いくつかのポイントを見直すことをおすすめします。
まず見直すポイントが、細菌の繁殖を防ぐために口腔内を清潔にすることです。
殺菌作用のあるマウスウォッシュやうがい薬で、1日3回はうがいするようにしましょう。
また、口腔内が乾燥しないようにすることも重要です。
唾液量が少ないと、細菌が繁殖しやすくなります。
口呼吸や早食い、過度なアルコールの摂取を止め、唾液の分泌を促すことが効果的です。
ただし、口腔内の細菌繁殖を防ごうと、強い力を入れて歯磨きをするのは厳禁です。
口腔粘膜を傷つけてしまうため、治らない悩みを深めてしまいます。
疲労やストレス、睡眠不足、ビタミン不足も治らない原因となってしまいます。
しっかりと良質な睡眠を取るほか、バランスの良い食事を摂るようにしましょう。
また、女性の場合には、ホルモンバランスの崩れが原因で治らないこともあります。
生理前や妊娠中は万全な体調管理が必要です。
スポンサーリンク