口内炎 ビタミン 果物

口内炎予防にビタミン豊富な果物を食べましょう

スポンサーリンク

口内炎は比較的多くの人が経験している症状ですが、通常は一時的なものですぐに平癒します。
ただ中には治りが遅かったり、頻繁にできてしまったりする人もいます。
少しの間でさえ口の中が痛いと食事が楽しめなかったり、人と会話をするのが億劫だったりするのですから、症状が長引いたり頻繁に発症していたりするのは辛いものです。
そんなつらい口内炎でも、できてしまう原因を知れば対策もとれるので、ある程度予防することが可能です。
口内炎は口の中に傷が出来てしまった場合や、口の名が不衛生な状態にある時に発生します。
他にもストレスや不規則な生活など、体の不調が原因となる場合もあります。
そうした原因の一つが、ビタミン不足です。
口内炎にかかわりがあるものとしてはビタミンB群やビタミンcなどがあります。
ビタミンB群は体内での代謝に大きくかかわっており、ビタミンcは皮膚や筋肉、血管などに必要なコラーゲンを合成するのにかかわっています。
スポンサーリンク

口内炎予防や、早く治す目的で食事療法を行う場合、果物を意識して摂取する人が多いです。
これは多くの果物にはビタミンcが豊富に含まれているためです。
ただ、今現在口内炎になっている場合、柑橘系などの果物類を食べると患部に染みてしまいます。
それが刺激となって治りが遅くなる可能性もあるので、傷にしみにくい果物にしましょう。
ビタミンcは水溶性であり、また壊れやすく熱にも弱い特徴があります。
体内に蓄積できない栄養素でもあるので、日常的に摂取し続ける必要があります。
そうした意味では果物は日常的に食べやすく、また生食が基本なのでビタミンcを摂取するには最適と言えます。
基本的には一部の栄養素だけとっていればいいというものでは無く、他の栄養素も合わせて取る必要があります。
そうした意味ではきちんとバランスのとれた食事をとり、そうした食事の中に果物を組み合わせていけば体調面の改善に役立つでしょうし、結果的に口内炎の予防にもなるのです。
スポンサーリンク