ヘルペス 口内炎 食べ物

ヘルペスと口内炎の種類や食べ物

スポンサーリンク

ヘルペスとは口の周りなどに赤い発疹が出来るウィルス症状です。
日常的に人から感染しやすく免疫機能が弱まっているときに神経に沿って増殖します。
口内炎や皮膚疾患を起こすものが殆どで、口元や水疱瘡、帯状疱疹などに症状が出ます。
風邪や熱などで体力が落ちた際に発症しやすく、体力が回復すると快方に向かいます。
またヘルペスには種類がありますが、神経に沿って細菌の多い口腔内にもできやすく、感染すると歯肉口内炎になります。
口腔内が赤くはれ、食べ物を摂るときに痛みを伴います。
初期症状は口元がピリピリとした感覚を持ち次第に赤くはれて水ぶくれができます。
ヘルペス口内炎ははウィルス感染の一種ですが、重症化することはあまりなくほぼ免疫力で自然治癒します。
また日本人の9割がヘルペス陽性反応で、幼いころからヘルペスウィルスを発症しているともいわれています。
最近では感染率の減少によりヘルペス免疫抗体を持っていない人が増えています。
スポンサーリンク

今までは、ヘルペスに感染しても患者自身の免疫で自然治癒を待つだけでしたが最近では、抗ヘルペス薬を投与する治療が選択できるようになりました。
軽症の場合、抗ウィルス薬にはバルトレックス錠剤、口内炎にはビタラビンなどの軟膏クリームがあり、患部に時量を塗布するものがあります。
口内炎の場合、市販薬もありますが合わない薬剤を使うと耐性ウィルスが増加することもあるので、必ず医師の診察を受けましょう。
食べ物に関しては口の粘膜に炎症が起きているので、ビタミンを多く含む青魚や緑黄色野菜などの食べ物がお勧めです。
刺激を与えると口腔内に痛みが起こるので、シチューやおかゆなど咽越しの良い柔らかい食べ物がおすすめです。
アルコールや香辛料の入っている食べ物は舌に刺激が出るので、症状がひどくなる恐れがあります。
口内炎が出来ると口腔内は乾燥状態になり食欲が落ちることが多く、また虫歯菌などにも感染しやすいので清潔に保ちましょう。
最近、少し疲れやすいなど感じたら食べ物などを改善して予防することも大切なことですね。
スポンサーリンク