子供 口内炎 食べ物

口内炎ができた子供が食べられる食べ物は

スポンサーリンク

疲れがたまっていたり口も中を噛んだ時にできる口内炎はとても強い痛みのため子供の口の中にできてしまうと食べ物も限られてしまうため完治するまでとても大変です。
風邪をひき熱が出たときや感染症にかかってしまった時など、免疫力が落ちているときに口内炎はできやすく数も増え、患部も大きくなり痛みが強くなります。
そのような状態になってしまうと熱いもの、辛いもの、味が濃いものなど全てが患部にしみるようになるので食べ物にも困ります。
大人でも辛い口内炎は子供にできると生活や食事にも支障が出るのでできるだけ悪化しないうちに治す、食べやすいものを見つけてあげる、あまりに痛みが強いときには病院で相談するなどを行うことで症状も軽くなりやすく早めの完治を目指すことができます。
痛みが強いときに栄養バランスを考えて無理に食べ物を食べさせないようにして食べやすいものを一緒に見つけてあげましょう。
治りが早い子供は早ければ3日程で痛みが軽くなることもあるので元気になってから栄養バランスを考えた食事をとりましょう。
スポンサーリンク

口内炎は口の中にあるため目立たない病気ですが痛みがかなり強いので小さな子供には柔らかく味が薄めの食べ物が食べやすいのでお勧めです。
そうめんやうどんを柔らかく煮てあげたりゼリーやバナナなどもやわらかいので食べやすいでしょう。
ポタージュやコーンスープをぬるめにしてあげると食べやすいので工夫して痛みがないように工夫して食べ物を食べさせてあげましょう。
また、ビタミンCは口の中の炎症を早く治す働きをしてくれるので日頃から摂取するようにしましょう。
レンコンやブロッコリーイチゴなどがお勧めです。
治すだけでなく口内炎ができないように予防するためにはビタミンB2が含まれた食べ物が効果的です。
豚レバーや海苔、チーズなどに多く含まれており体にも良い食べ物ばかりなので大人はもちろん子供も積極的に食べるようにしましょう。
口内炎ができると大人も子供も痛みと食べ物に困ります。
できてしまったら早めに治るよう病院で薬を処方してもらうなど少しでも早い完治を目指しましょう。
スポンサーリンク