口内炎 ビタミン 飲み物

口内炎にはビタミンBの多い食物や栄養価の高い飲み物がお勧めです

スポンサーリンク

口内炎にかかってしまい、食事や飲み物を摂るのもままならない時はどうすればいいのでしょうか。
このような場合は、噛まなくても食べることができるもの、そして刺激がないものを摂るようにします。
具体的にいえば、豆腐や茶わん蒸し、スープ、それから雑炊などです。
もちろん雑炊やうどん、じっくり煮込んだシチューなどもいいでしょう。
飲み物はやはり刺激が無くて、栄養のあるものを摂るようにします。
100パーセント果汁のジュースや牛乳などがいいのですが、オレンジジュースは口内炎にしみることもありますので、その他のフルーツを選ぶようにしましょう。
他にスポーツ飲料や、補助食品のゼリー状の飲み物も喉に入りやすく、しかも刺激がありません。
またデザート系として、プリンやゼリーなどの喉ごしがいい食品も、口内炎の時には特にお勧めです。
ところで食べ物や飲み物を摂る際には、あまり温めすぎたり、逆に冷やし過ぎたりすると刺激になってしまいますので、その点に注意してください。
スープやうどんは、冷えているとおいしくありませんので、少し火を通すくらいにして、スポーツ飲料などの飲み物は、少しぬるめのを飲むのがいいでしょう。
スポンサーリンク

ところで、口内炎に効果的な栄養素は何かご存知でしょうか。
それはビタミンBです。
ビタミンBを多く含む緑黄色野菜は、口内炎の予防にもつながりますし、もしかかってしまった場合でも、積極的に摂ることで治りが速くなります。
その他にも大根やレバー、うなぎ、わかめや納豆も、ビタミンBが多く含まれる食品として知られています。
それから蜂蜜もビタミンBが多い食品です。
蜂蜜は口内炎の患部に直接塗りつけることもできますし、飲み物やヨーグルトと混ぜてアレンジするのもいいでしょう。
特に風邪などで熱があり、しかも口内炎ができて食欲がない時には、簡単でビタミンも摂れ、しみることもなく一石三鳥です。
その他には、バナナもビタミンBが多いので、やはり牛乳やヨーグルトに合わせるという方法もあります。
それから口内炎の予防あるいは治療には、口の中を常に清潔に保つことが不可欠です。
市販のうがい薬や緑茶などでうがいをするのもお勧めです。
そしてふだんからビタミンBを摂取し、また生活のリズムをきちんと整えるようにしましょう。
しかしそれでも治らない場合は、耳鼻咽喉科や歯科、内科などを受診するようにしてください。
スポンサーリンク