舌の裏 口内炎 治療

舌の裏の口内炎については治療の前に確認が必要です

スポンサーリンク

舌の裏にできる口内炎は他の場所にできるものよりも痛くつらいのが特徴といわれています。
それは場所によることが大きく関係しています。
しかし場所的にあまり一般的でないこともあって気になってしまうということもあります。
ほとんどの場合には口の中に出来る他の口内炎と違いはないのですが場合によっては全く違う原因によることもあるので気になるようであれば病院などで診断を受けるのが安心です。
しかし基本的には他の口内炎と同様に舌の裏だからといって特別に気にする必要はないといえます。
一般的な口内炎と同じように通常は1週間から2週間ほどで自然に治っていきます。
しかし、場所的に痛みがきついということもあるので治療としては薬を使うことが一般的です。
口の中を清潔に保つためのうがい薬を使用することや必要な栄養を摂ることなどです。
最近では塗り薬や貼るタイプの薬も多く出ていますが舌の裏は使いにくいということがあります。
そういう場合にはスプレータイプでの治療が効果的です。
スポンサーリンク

舌の裏だからといって気にし過ぎることはないですが通常は治るタイミングでもまだ痛みが続いていたり患部が通常のタイプの口内炎とは違っている場合は他の病気を疑うことも必要です。
特に舌癌は初期症状が口内炎と非常によく似ているために進行するまで放置してしまうケースが非常に多いといえます。
過度に心配する必要はないですが、ある程度経過しても症状が軽くならない場合には医師に相談することが肝心です。
そういう意味では舌の裏にある口内炎だということは少し念頭においておくことが大切です。
もちろん痛みがきつい場合には2週間経過するのを待つことなく専門医に診てもらい治療を受けるということも必要になってきます。
舌の裏は場所的に痛みがきつい場所であるということもあるので、治療するかどうかについては自分での判断ということになります。
いずれにしても病院で治療を受けるにしても自分で治療するにしても事前にしっかりと確認することが肝心です。
スポンサーリンク