抗癌剤 口内炎 治療

抗癌剤による口内炎と、その治療について

スポンサーリンク

昔は「がん」と言うとなかなか治らないイメージがありましたが、今は多くの治療法があり、働きながら闘病してる方もいます。
現代の抗癌剤は様々な種類があり、がん細胞に対して強力に作用します。
しかし正常な細胞への影響もゼロではないため、どうしても副作用が起こってしまいます。
代表的な副作用は、吐き気・脱毛・発疹・下痢などですが、実は口内炎も高い頻度で現れます。
薬の種類や量により差はありますが、ほとんどの抗癌剤で口内炎が起こると言われています。
がん治療中は、疲れていて歯磨きが十分にできなかったり、抗癌剤の影響で免疫力が落ちていたりして、口内炎ができやすい状況になっています。
口内炎がひどくなると、がん治療そのものを見直す必要があります。
抗癌剤の量を減らしたり、いったんお休みしたり、薬を変えたりしなければなりません。
治療をスムーズに行うためには、口のケアは非常に重要です。
できれば抗癌剤を始める前に、歯科へ行って口の中の状態を整えておきましょう。
スポンサーリンク

もし口内炎ができてしまったら、それ以上悪化しないように注意しましょう。
基本的にはブラッシングで口の中を清潔にします。
ゴシゴシすると刺激になり炎症が起こるので、患部は触らず周りを優しく拭う程度にして下さい。
口の中が乾燥すると、菌が入りやすくなったり痛みを感じやすくなります。
こまめなうがいと水分補給を行いましょう。
どうしても痛みが出てきたら、我慢せず主治医に相談して口内炎の薬を処方してもらいましょう。
患部に塗るものやうがい薬、痛みがひどい場合は内服薬を使用することもあります。
抗癌剤治療は長期間に及ぶ場合があります。
そのためには、しっかりと食べて体力をつけなければなりません。
口内炎ができると食べることが苦痛となり、治療の妨げとなってしまいます。
そうならないためには、予防が一番大切です。
治療を始める前に歯科で口の中を点検してもらい、普段のセルフケアの方法も教えてもらいましょう。
その後も定期的に歯科へ行くことが望ましいです。
スポンサーリンク