口内炎 治し方 噛んだ

噛んだ時にできる口内炎の治し方

スポンサーリンク

噛んだ翌日くらいにできる口内炎、みなさんも経験があるのではないでしょうか。
そのときは出血くらいですんでも、噛んだ翌日に口内炎、つまりアフタができてしまい、食べ物がしみて辛いといった症状が現れますね。
そんな口内炎の治し方について、まずは清潔に保つことが大事です。
痛いところに触らないようにしながら、しっかりと歯磨きをして、うがいをしましょう。
治し方その2として有効なのが、はちみつを塗ることです。
たっぷりのはちみつを、口内炎の上にのせてあげましょう。
加熱をしていないもの、加糖していないものがおすすめなのですが、特に効果が期待できるはちみつは、「マヌカハニー」です。
ニュージーランドで生産されているはちみつで、口内炎の治し方としておすすめなだけでなく、胃腸炎やピロリ菌にも有効なのだそうですよ。
さまざまな治し方が紹介されていますが、大変おすすめです。
少々効果なのが難点ですが、それだけ効き目がある希少なものということなのです。
噛んだ後にできてしまった口内炎にはぜひ塗ってみてくださいね。
スポンサーリンク

また、噛んだ後にできた口内炎を早く治すために、こころがけたいこともあります。
まずは、免疫力を高めるために、ゆっくり身体をやすめることです。
夜は10時までに布団に入り、たっぷり睡眠をとってください。
胃腸の調子が悪いと、口内炎の治りも悪いと言われています。
また、ストレスを感じないよう、ゆったりした気持ちで音楽を聴いたり、お風呂につかったりすることも治し方としてとても大切ですね。
それから、栄養バランスの良い食事をこころがけましょう。
例えば、豚肉やほうれん草、レバーなども治し方としてはぜひ積極的に摂取してほしい食材です。
栄養バランスにも気を付けて、偏った食事や油ものの多い食事にならないように気をつけましょう。
同じ場所をまた噛んだりしてしまうと、さらに痛みが激しくなるので、噛んだところには気を付けて食事をしましょうね。
また、あまりにも治りが悪いようなら、歯医者に行ってみてください。
抗生物質などを処方して貰えば治る場合もあります。
スポンサーリンク